昭和秀英中学校1年生の生徒さんへ、性教育を行ってきました! | NSBA 城西国際大学看護学部看護学科 公式サイト

昭和秀英中学校1年生の生徒さんへ、性教育を行ってきました!

平成28年10月6日に看護学部1年生の学生9名が「自分たちのからだのことを楽しく知ろう」というテーマで性教育を行いました。

準備の様子

昭和秀英中学校での性教育

まずは、事前準備。

  • 1年生では、まだ母性看護学の講義が始まっていないので、自分たちで第二次性徴についてや、発達段階による性教育の意味について学習しました。
  • 自分たちが実際に体験した二次性徴の悩みや困りについて発表し、教育プログラムの詳細を検討していきました。

当日の様子

当日は、6・7時間目を使わせていただき、176名の生徒さんへ性教育をしました。

大勢の前で授業を行うのは全員が初めての経験で、とても緊張しました!

昭和秀英中学校での性教育

昭和秀英中学校での性教育

授業内容

昭和秀英中学校での性教育

講義は、グループごとで話しあったり、グループごとの○×ゲームを行うなどしました。

話し合いには大学生も参加し、全員が意見を述べたり、他の人の意見をきちんと聴けるように関わりました。

休み時間にもたくさんの生徒さんが集まってきて、「普段先生には聞きにくいので・・・」と色々と質問を投げかけてくれました。

授業は全体的に笑い声が響き、とても和やかな雰囲気で行われました。

生徒さんからの声を一部ですが紹介します♪

  • 思っていたより楽しかった
  • すごくいい雰囲気だった
  • いつもは嫌になる内容だけど、楽しくて全く嫌にならなかった
  • クイズやゲームなどもあって楽しく学ぶことができた
  • 異性がいる状態でこのような授業は初めてだったのでちょっと新鮮だった
  • 最初は少し違和感を感じたが、異性と一緒に異性のことを知るのも大切だと思った
  • 普段は教えられないことを知った気がした
  • わかったつもりでいたが、男女の違いに改めて気付いた
  • 自分はまだあまり変化していないけど、焦らなくていいと思った
  • 卵巣がウズラの卵って、わりと小さいんだなって思った
  • (大学生には)親や先生には聞けないことを、すごくストレートに聞けた
  • これからも色々なところで活動していって欲しい
  • 母が看護師なので、帰ってから色々と聞いてみたいと思った

結果の発表会

講義を受講した中学1年生176名にアンケート用紙を配布した結果を皆でまとめ、11月5日に行われたJIU学会で発表しました!

昭和秀英中学校での性教育

結果は・・・。

みごと『優秀賞』を獲得しました!!

自分たちで授業を作る作業も、大舞台で研究結果を発表するのも全てが初体験!

講義の準備をすることや、一つのことをまとめる大変さを実感しました。

皆で頑張ったことを評価してもらえて嬉しかったです。

今回の経験は、将来、看護師、保健師、助産師、養護教諭のどの道を選んでも、きっと活かせる経験だったとおもいます。

昭和秀英中学校での性教育