第21回JIUフェスティバル | NSBA 城西国際大学看護学部看護学科 公式サイト

第21回JIUフェスティバル

11月3日(日)~5日(月)に開催された大学祭「第21回JIUフェスティバル」。
看護学部一年生も大いに活躍いたしました。

まずは、学生全員参加によるポスター展示発表。

学生が24グループに分かれ、それぞれのグループで興味のある病気について調べ、その基礎知識を元にさらに、新たな視点からケアの必要性を見出したり、また、将来看護師として患者さんにどのように関わっていくべきかについて自分たちでまとめ、ポスター発表しました。
来場者の方からは、「一年生で、これだけのことができるのですね!」と、驚きと、そしてお褒めの言葉をいただきました。

また、水田記念ホールで行われたゼミ・演習研究成果発表会には看護学部からは4演題発表しました。

学生は夜遅くまで、本番数日前には朝方まで発表準備・練習を行っていました。
その結果、なんと!発表演題「褥瘡ケア用品の問題点を探り、理想的なケア用品を提言する」が最優秀賞を、「乳がんについてもっと知り、新しい検査薬を提案したい」が優秀賞を受賞しました。
賞金も授与され、学生たちは大喜び♪

賞金のなかみは・・・図書カード!
みんな、さらに勉学に励んでね!!

その他、健康チェックブース(血圧、骨密度、噛む力の測定)や、AEDの実際の使用を体験するブースを開き、地域市民の方々の健康増進、また救命時の対処法に関する知識の普及に努めました。

学園祭に向け、どの学生も主体的に本当によく頑張っていました。教員一同、大きな拍手を送りたいと思います。

ポスター展示場にて

710poster3

710poster2

710poster1

ゼミ・演習研究成果発表会

発表グループ「褥瘡ケア用品の問題点を探り、理想的なケア用品を提言する」
発表グループ「褥瘡ケア用品の問題点を探り、理想的なケア用品を提言する」

 

発表グループ「乳がんについてもっと知り、新しい検査薬を提案したい」
発表グループ「乳がんについてもっと知り、新しい検査薬を提案したい」

 

発表グループ「地域の医療環境に応じた<緩和ケア>はあるのか?」
発表グループ「地域の医療環境に応じた<緩和ケア>はあるのか?」

 

発表グループ「アメリカ海外研修での飛躍の軌跡‐Bond of JIU Nursing」
発表グループ「アメリカ海外研修での飛躍の軌跡‐Bond of JIU Nursing」

健康チェック AED体験ブースにて

710health check2

710health check3

710health check1

710AED2

710AED