一週間の米国での研修を終え帰国 | NSBA 城西国際大学看護学部看護学科 公式サイト

一週間の米国での研修を終え帰国

一週間の米国での研修を終え帰国の日となりました。

一週間という短い期間ではありましたが、学生たちを温かく迎え入れて頂き家族の一員として過ごさせていただいたホストファミリーとの別れの場面では、笑顔で最後の挨拶を交わし再会を約束する学生がいる一方で、感極まって涙する学生も見られました。

10時15分、お世話になったUniversity of California, Riverside校(UCR校)のスタッフ、ホストファミリーに見送られながら119名の学生と教員を乗せたバスはUCRをあとにしました。
ロサンゼルス空港到着後、搭乗手続きを滞りなく済ませ、現地時間15時30分、飛行機はロサンゼルス空港を立ち帰国の途につきました。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 DSCF1046 DSCF1047 DSCF1048 DSCF1049 DSCF1050 DSCF1051 DSCF1052 DSCF1053 DSCF1054 DSCF1056 DSCF1057 DSCF1058 DSCF1059 DSCF1062 DSCF1063 DSCF1064 DSCF1066 DSCF1067 DSCF1068 DSCF1069 DSCF1070 DSCF1071 DSCF1072 DSCF1073 DSCF1074 DSCF1076 DSCF1078 DSCF1079 DSCF1080 DSCF1081